忍者ブログ
2017 / 07
≪ 2017 / 06 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 2017 / 08 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



久しぶりにコメントをもらったSeiさんのくだりをお借りしたタイトルです。

えぇ、まさにその通りのことが起きたのです。

多少R指定です。(良い子のみなさんは読まないで。っていないよっ)

今日は友人と会って、自宅最寄り駅についたのはPM11時ころ。

いつもの道を歩いていると、後ろから声をかけてくる男性あり。

年齢は34~5歳ってところでしょうか。

「あの、あの、すみません・・・ちょっとよろしいですか?」

あまりに丁寧な言い方に、道でも聞きたいのかな~?と、「はい、なんでしょ?」と、にこっとしながら応えたところ。。

「言いづらいんですけど、あの・・・あの、僕、女性のストッキングの匂いフェチなんです」

 

 

 

頭真っ白。どん引きな私。

 

すたすたひたすら前へ歩く。

「ち、ちょっと待ってください。誤解しないでください。あの、そのストッキングをお金で買わせて頂きたいんです」

誤解ってなに?誤解も錯覚も妄想もしてませんが?

「困ります!!」

「待って・・待って。。。」

待つわけにはいきません。

 

人通りも多いので怖いってことはなかったし、私はオバサンなので、

動じる事もなかったですが、ただ・・・「いくらなんだろ。。」とちょっと気になりました。

臭いのが好きな人なのかなぁ。。いっそ、へそのゴマなんていかがでしょうか?

またおへそに戻りました。もう寝ます。おやすみなさい。

 

PR


【私のこと覚えてる?】
お久しぶりです。
私もちょくちょくのぞいてるよ。
ずっと更新なかったから、心配したよ。

ストッキング・・・怖いね。
やっぱり暗がりだと顔が見えないんだね。
・・・きゃっ、逃げろ~~~~~!

でもいくらなんだろ?
気になる、気になるぅ。
【ranへ】
え~~、あなただれぇ?
それに、命知らずなコメント。
いやん。昼間のような明るさなのよっ。
ま、夜はいろんな妖気が漂っているからね。
怖くなかったよ。笑えたよ。
いろ~~~んな意味でね。
逃げても追いかけるわよぉ。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31